アーバントラスト有限会社の口コミや評判

       

 最終更新日:2023/08/04

アーバントラスト有限会社の画像

料金目安 記載なし
問い合わせ 電話
TEL:0120-24-8638
定休日 記載なし
事業内容 一般廃棄物収集運搬業
産業廃棄物収集運搬業および処分業
廃棄物コンサルタント業・中古品売買業・清掃業ほか
対応エリア 記載なし
会社情報 アーバントラスト有限会社
【本社】
〒236-0003
横浜市金沢区幸浦2-4-6

横浜市に拠点を置くアーバントラスト有限会社は、一般廃棄物および産業廃棄物収集や運搬、処分を行う会社です。法令遵守に沿って顧客に安心して利用してもらえるように取り組み、さまざまなタイプのトラックを保有しています。今回はアーバントラスト有限会社に焦点を当て、特徴などを探っていきましょう。

リサイクルと自然との調和を目指す粗大ごみ回収業者

アーバントラスト有限会社は、リサイクルと自然との調和を目指す粗大ごみ回収業者であり、社会に貢献する企業として知られています。アーバントラストの対応地域は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県などの関東圏が中心で、北関東や中部の地域にも対応可能です。

そして関東一円の許可を所持しているため、顧客の要望に応じられます。また環境省策定のガイドラインに基づく環境経営の認証・登録制度であるエコアクション21に認証されています。

エコアクション21とは

エコアクション21とは、環境省が策定した日本独自の環境マネジメントシステムです。「PDCAサイクル」と呼ばれるパフォーマンスを継続的に改善する手法を基礎として、組織や事業者などが環境への取り組みを自主的に行うための方法を定めています。

アーバントラストが回収できる廃棄物

まず事業系ごみとは何かですが、店舗や会社・公共施設などの事業活動に伴って発生するごみのことをいいます。通常家庭ごみと同じ袋に入れて同じ集積場に出すのは、不法行ためになります。

廃棄物処理法に基づけば、事業系ごみを事業者自らの責任で適正に処理するように定められています。そして事業系ごみは、産業廃棄物と事業系一般廃棄物の2つに分類されます。

産業廃棄物

事業活動に伴い生じた廃棄物のうち、廃棄処理法に定められた20種類のごみ。

この20種類のごみは、業種を特定せず、あらゆる事業活動で生じる産業廃棄物の12種類(燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず・陶磁器くず、鉱さい、がれき類、ばいじん)、特定の業種から生じる産業廃棄物8種類(紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残渣、動物系固形不要物、動物の糞尿、動物の死体、汚泥のコンクリート固形化物など)となります。

事業系一般廃棄物

事業で生じた廃棄物のうち、産業廃棄物以外のごみをさしますが、たとえば、弁当などの容器、ペットボトル、ビニール袋、包装材、発砲トレイ、雑誌、カタログ、新聞紙などが挙げられます。

アーバントラストが行う事業系ごみの廃棄方法

それでは事業系一般廃棄物の廃棄方法から見ていきましょう。

清掃工場などに自分自身で搬入する

自分で搬入する場合は、事前に清掃工場に廃棄物の搬入手続きを行っておかなければなりません。

委託業者に処理を依頼する

自治体から許可を受けている委託業者に処理を依頼し、事業系一般廃棄物の収集運搬まで行ってもらいます。この場合には、自治体の定める処理手数料相当額の処理料金を支払う必要があります。委託業者を探す方法としては、自治体ホームページに一覧が掲載されているので参考にしましょう。

業者を決定し、収集回数や収集時間、収集量、収集場所を伝えます。次に産業廃棄物の廃棄方法ですが、産業廃棄物は原則自治体では処理できないことになっています。

都道府県知事が許可する産業廃棄物処理業者へ委託しなければなりません。産業廃棄物の処理品目によって、業者の許可が異なってくるため、業者は廃棄物の内容を確認したうえで選定します。

処理業者のリサーチは都道府県ホームページで検索可能ですが、処理業者が見つけられないという場合も出てきます。そのような時には、都道府県の廃棄物処理について取り扱っている部署に直接電話で確認しましょう。

専ら再生利用の目的となる産業廃棄物の廃棄方法

専ら再生利用の目的となる産業廃棄物とは、古紙、くず鉄、あきびん類、古繊維の4種類をさします。これらは、特別な許可を受けていない業者でも処理を依頼することが可能です。

処理の依頼をする場合は、産業廃棄物管理票の交付は不要となりますが、引き渡し伝票を作っておかなければなりません。

専ら再生利用の目的となる産業廃棄物の4品目に該当しない廃棄物について、再生利用目的で処理を委託する際は、産業廃棄物処理の許可を受けている業者に委託する必要があります。

まとめ

アーバントラスト有限会社の特徴を見てきましたが、いかがでしたか?今回は家庭ごみではなく、事業系ごみの処分方法などの紹介となります。事業系ごみを処理するには、法に基づいた処理を行う必要があり、許可を受けている廃棄物処理業者に委託しなければなりません。

アーバントラスト有限会社は、一般廃棄物および産業廃棄物収集や運搬、処分を行う会社であり、許可を受けている廃棄物処理業者となります。アーバントラストのような業者をリサーチするには、自治体や都道府県のホームページから検索することが可能です。

また同じ産業廃棄物でも古紙、くず鉄、あきびん類、古繊維の4種類は、許可を受けていない業者に処理を依頼できるということを把握しておきましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

リフォームを行うと、一般ゴミから粗大ゴミまで、さまざまな種類のゴミが発生します。ゴミは種類によって適切で安全な処分が必要であり、自分で処分するのは難しいケースがほとんどです。 この記事では、

続きを読む

同じようなごみであっても、事業活動によって生じたごみと一般の家庭から出されるごみは区別されているのをご存じですか。事業系ごみを家庭ごみと一緒に出すことは禁止されており、間違った処分をすると不

続きを読む

飲食店がごみ回収業者を利用すべき理由 飲食店はごみ回収業者を積極的に利用するべきです。なぜなら、飲食店から出るごみは一般家庭のごみと違う扱いになるからです。 私たちが「ごみ」と呼んでいるもの

続きを読む

飲食店のゴミを処理する際、ゴミ回収業者に依頼してみてはいかがでしょうか。選ぶ際、メリットだけではなく注意点も把握しておく必要があります。 ここでは、飲食店のゴミ回収業者を選ぶときの注意点をご

続きを読む

産業廃棄物とは、事業活動によって発生する特定の20種類の廃棄物のことを指します。産業廃棄物は、一般廃棄物とは異なる法律や基準に基づいて適正に処理されなければなりません。この記事では、産業廃棄

続きを読む

オフィスで発生した機密文書を適切に廃棄する方法として、業者への依頼が注目されています。本記事では、そのメリットに焦点を当て、セキュリティ確保や環境への配慮に加え、業者選定のポイントを解説。機

続きを読む

事業活動において避けてとおれないのが事業系ごみの廃棄です。しかし、その処理費用について正確な知識をもっている方は少ないのではないでしょうか。そこで本記事では、その廃棄にかかる費用や専門業者に

続きを読む

引っ越しや事務所移転などで環境を大きく変える場合、困ってしまうのが不用品の取り扱いです。処分に手間はつきものなので、負担を軽くするためにも、手慣れた専門業者に任せて効率的に終わらせたいところ

続きを読む

会社名:株式会社早船 住所:神奈川県川崎市中原区小杉町2-206 TEL:044-711-1112 廃棄物の収集や運搬はもちろんのこと、解体後に排出されたゴミや家電の処理についても依頼できる

続きを読む

株式会社宇津木金属 住所:〒350-0214 埼玉県坂戸市千代田2丁目20番3号 電話番号:049-284-1172 宇津木金属は、埼玉県に本社を構える企業です。「”片付ける“を科学する」を

続きを読む