リフォームの際に発生するゴミの処分方法について

       
公開日:2024/02/01  

column

リフォームを行うと、一般ゴミから粗大ゴミまで、さまざまな種類のゴミが発生します。ゴミは種類によって適切で安全な処分が必要であり、自分で処分するのは難しいケースがほとんどです。

この記事では、リフォームで発生するゴミの処分方法や費用、費用の抑え方について分かりやすくご紹介します。川崎市でおすすめの粗大ゴミ回収会社もご紹介しているため、参考にしてください。

リフォームの際に発生するゴミの処分方法

リフォームの際に発生するゴミは、大きく一般廃棄物・産業廃棄物の2種類に分けられます。一般廃棄物とは、粗大ゴミや可燃ゴミなど家庭から排出されるゴミのことをいいます。

一方で、産業廃棄物とは、木くずや廃プラスチック類、がれき類などのゴミのことです。法律によって専用の処理が必要であるため、専門の業者に処分を依頼するのが一般的です。

そのほか、テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機などの家電が不要な場合は、ゴミとして処分することになります。

処分方法はゴミの種類により異なる

一般廃棄物に分類される粗大ゴミの場合、自治体に依頼すれば自宅に回収しに来てくれます。ただし、家の外まで粗大ゴミを運んでおく必要があり、大きなゴミの場合は苦労するかもしれません。

また、粗大ゴミを大量に回収してくれるわけではないため、数が多い場合は自治体以外に依頼するとよいでしょう。申込みから回収までは1~2週間かかるため、早く回収してほしい場合には不向きだといえます。

リフォームで発生する可燃ゴミについては、量が多いため、一般のゴミ集積所には出せません。少しずつ定期的にゴミを出すか、地域のクリーンセンターに持ち込んで処分してもらいましょう。

クリーンセンターは、可燃ゴミだけでなく不燃ゴミ・粗大ゴミも処分してくれるため、一度にゴミを処分できるのがメリットです。引越し業者の中には、家具などの一般廃棄物を処分できるケースがあります。

ただし、回収できる品目は多くないため、注意しましょう。リフォーム前後に引っ越しを伴う方は、あらかじめ引っ越し業者にゴミの処分が可能かどうか尋ねておくと安心です。

また、家具や家電をゴミに出すのであれば、家具店・家電量販店に依頼しましょう。家具店では、新しい家具を購入する際に、古い家具を引き取ってくれます。

リフォームを機に家具の買い替えをしたい方には最適でしょう。家電量販店では、テレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機、パソコンの処分が可能です。

インターネットで回収の申し込みをできるケースが多く、家電を持ち込む手間がかからないのは嬉しいポイントでしょう。一般廃棄物の処理で最も手間がかからないのは、不用品回収業者に依頼する方法です。

トラックで可燃ゴミ・粗大ゴミを回収してもらえます。トラック1台に対して料金が発生するため、ゴミを単品で回収してもらうよりも費用を抑えられるでしょう。

粗大ゴミ回収本舗は、即日対応が可能で、どのような粗大ゴミ・不用品でもまとめて処分してもらえます。ゴミの処分に手間ひまをかけたくない方に最適でしょう。

産業廃棄物は、廃棄物処理法に基づいて適切に処分しなければなりません。廃棄物の処理責任はリフォーム会社にあり、多くのリフォーム会社では産業廃棄物処理業者に処理を委託しています。

仮にセルフリノベーションで産業廃棄物を処分しなければならない場合は、建材販売店・回収業者などに依頼すると引き取ってもらえる可能性があるため、問い合わせてみましょう。セルフリノベーションで出たゴミの取り扱いは、自治体によって大きく異なります。

木材や木くずなどのゴミは一般廃棄物として処分可能ですが、石膏ボードやコンクリート、ドア、トタンなどの扱いは自治体によって異なります。たとえば、石膏ボードは多くの自治体で処分が難しいものとされていますが、地域によっては一般廃棄物扱いになります。

法律を遵守して気持ちよくセルフリノベーションするために、前もって自治体に確認しておくのがベストです。

リフォームの際に発生するゴミの処分費用

ここからは、ゴミの処分費用について詳しく解説していきます。リフォームの際に発生する石膏ボードや壁紙などの大量のゴミは、処分のために費用がかかります。

相場は、1立方メートルあたり3千円から8千円ほどで、加えて運送料金がかかります。運搬料金とは、廃棄物を処理場まで運搬するトラックにかかる費用のことで、4トントラックでは2万5千円から3万円が相場となっています。

リフォーム現場と処理場を何回か往復する場合には、追加料金が発生することがあるため、廃棄物の量が多かったり現場と処理場が遠かったりすると、費用が高くなる可能性があります。

処分費用は廃棄物の種類によって異なる

処分費用は廃棄物の種類によって異なり、燃え殻は1立方メートルあたり2万円から3万円と高く、汚泥は1kgあたり15円から50円と安い傾向にあります。また、リフォーム場所については、キッチンのリフォームの場合、処分にかかる費用の相場は1万5千円から4万円ほどですが、トイレの場合は2千円から6千円ほどです。

ただし、あくまで目安であり、地域や依頼する業者によっても費用が変わるため、詳しい費用は業者に確認しておきましょう。処分費用は高額になりやすいですが、業者が提示する費用があまりに安い場合は注意が必要です。

悪質な業者は、ゴミを処理場ではなく山奥などに捨てることで処分費用をカットしています。不法投棄は犯罪にあたり、工事注文者も処分対象となるため、十分に注意しましょう。

また、費用が安すぎる場合、当日に追加料金を要求されるケースもあることから、信頼できる業者選びが大切です。粗大ゴミ回収本舗は、作業費や出張費、車両費までパック料金に含まれており、お得にゴミ回収を依頼できます。

不用品1点から依頼可能で、経験豊富なプロが多数在籍しているため、安心できるでしょう。

ゴミ処分費用の抑え方

高額になりやすいゴミの処分費用ですが、費用の抑え方を知っていれば、少しでもお得に業者へ依頼できるでしょう。この章では、費用の抑え方のポイントについて詳しく解説していきます。

まず、一般廃棄物の回収は自治体に依頼するのがポイントです。自治体は無料で一般廃棄物を回収してくれるため、ゴミの処分費用削減が可能です。

また、リフォームの前に不要なものをあらかじめ処分しておきましょう。廃棄物の処分費用に加えて、不要なものの処分費用までかかると、総額が高くなってしまいます。

業者に処分を依頼する量を減らしておければ、費用を削減できるでしょう。不要なものは、買取りサービスやリサイクルショップ、フリマアプリなどを利用すれば、お金に変えられる可能性があります。

リサイクルにもなるため、興味がある方は試してみてください。

相見積もりを取ることが大切

産業廃棄物の処理を業者に依頼する際は、複数の業者に相見積もりを取ることをおすすめします。相場や適正価格を知れるため、費用の節約につながります。

費用だけでなく、サービス内容もチェックしておけると、トラブルも未然に防げるでしょう。また、素材が複合しているゴミは混合廃棄物として処分されてしまいます。

高額になりやすいため、ゴミは分別してから処分を依頼しましょう。ゴミだと思っていても、実は再利用が可能なケースもあります。

リフォームで発生する木材はテーブルなどをDIYする際に再利用しやすく、DIYできそうなものは取っておくとよいでしょう。

まずは見積もり依頼をしてみよう

リフォームの際には、一般廃棄物や産業廃棄物などのゴミが発生します。一般廃棄物の場合、クリーンセンターや不用品回収業者に依頼して処分してもらえます。

産業廃棄物の場合は、法律で定められたように適切かつ安全な方法で処分しなければならないため、個人での処分は難しく、多くのリフォーム会社では、専門の業者に処分を依頼しています。

粗大ゴミ回収本舗は、経験豊富なプロが適切な方法で粗大ゴミや不用品を処分してくれます。パック料金でお得にゴミを処分してもらえるため、ゴミ処分にかかる費用の総額を抑えられるでしょう。気になる方は、公式ホームページから見積もり依頼をしてみましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

川崎市における事業系ごみの処分には厳格なルールがあります。可燃ごみと不燃ごみはそれぞれ異なる日に出さなければなりません。この記事では、どのようなごみが対象となるか、出すべき曜日、そしてルール

続きを読む

川崎市で事業系ごみを適切に処理するためには、正しい出し方が重要です。この記事では、事業系ごみの分別方法や回収業者への依頼方法について詳しく解説します。どのようにして業者を選び、手続きを進める

続きを読む

リフォームを行うと、一般ゴミから粗大ゴミまで、さまざまな種類のゴミが発生します。ゴミは種類によって適切で安全な処分が必要であり、自分で処分するのは難しいケースがほとんどです。 この記事では、

続きを読む